医薬品を販売するには資格が必要

医薬品を販売するには

薬剤師や登録販売者の資格を所持していれば、医薬品を販売することができるわけではありません。医薬品を販売するための、一定の条件を満たした有形の実店舗がなければなりません。

お店の標識が見やすいところに設置されており、お客の出入りがしやすい構造になっていないといけません。お店の中に、情報提供カウンターが設置されており、対面や電話、ネットなどで相談が行えるように設備を備えている必要があります。実店舗を週に三十時間以上営業していて、その間、名札を付けた薬剤師などの専門家が常駐していなければなりません。医薬品は専門家が管理していて、販売記録の作成と保存など、色々な条件を満たさなければ、資格を保持していても医薬品を販売することができません。

ネットで医薬品を販売する決まり

ネットでの医薬品を販売するのにも、条件があります。

実店舗がないとネットで医薬品を販売することはできません。また、その実店舗も医薬品を販売する条件を満たしたお店でなくてなりません。お店の名前は厚生労働省のホームページの一覧に掲載されており、ネットで販売する医薬品は、お店に陳列、保管されているものである必要があります。

医薬品の販売のためのお店のホームページにも決まりがあり、掲載、表示することが義務付けられている情報があります。トップページにお店の名前が表示されており、お店の写真が掲載されていなければなりません。この他にも、許可証の内容やお店に勤務している資格保持者の氏名などの情報、営業時間外も含めたお店への連絡先の掲載などが挙げられます。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page
top